SHOP

店舗紹介

1993 VOLVO 240 TACK SEDAN

1993 VOLVO 240 TACK SEDAN

¥1,100,000 / including tax

share and like

最終モデルの240TACKセダン。

ABS・エアバッグといった安全装備やノンフロンR134仕様のエアコンシステムが装着された最終モデルの240は、本革シートやアルミホイールが奢られたオプション仕様の「CLASSIC」と、シンプル装備の「TACK」という2モデルで構成されていました。「TACK」はスウェーデン語で「ありがとう」の意味、ボルボでは最終型のスタンダードタイプだけに使われていた愛称で、無駄な装備のないシンプルなモデルを現していますから、メンテナンスの点からいうと、最も優れたモデルだと考えています。

もちろんイヤーモデルとして年々改良が加えられましたが、基本的な考え方をまったく変えずに、同じモデルが19年間、しかもほとんどワングレードで造り続けられたということだけでも、この240が世界中で愛されてきたということがわかります。また、その個性的なスタイリングだけでなく、安心して永く乗れる、つまり安全性と耐久性を中心にしたボルボの車造りのコンセプトそのものが、世代を越えて共感を呼んでいるということだと思います。

ワゴンの人気に隠れてあまり目立たない4ドアモデルですが、240らしいクラシカルな雰囲気、自動車という工業製品がもつ本来の美しさのようなものは、このセダンにより強く現れているように思います。また実際的にも、ワゴンと比べると室内のスペースが小さい分エアコンの効きもいいし、ボディ剛性の差がありますから走りの面でのアドバンテージもかなり大きいと思います。そしてなによりも、この240はそもそも4ドアのセダンとして開発されたモデルですから、自動車としてのデザインの完成度が高く、後からの眺めなどはワゴンよりもはるかにスタイリッシュ、中でもこのダークグリーンのセダンは、落ち着いた大人の雰囲気が際立っていますね。

この車は、当社で4年間管理していた車で、走行距離はやや多いですが、年間平均にすると7,700kmですからまあ年式相応、経験的にもこれくらいの距離でヘタるエンジンではありません。いつも書いているように240はそれまでのケアによってかなり差があるモデルですが、この車であればデイリーユースとして、充分乗り続けていけるものと確信しています。

いいものが年々少なくなって、今年に入ってからはほんとうに危機感を感じるくらい流通数が激減している車種ですから、日常の車として使える状態のものはかなり貴重になってきたような気がします。もちろん納車に際しては、ボルボ専門店としてこの車を安心してお乗りいただけるよう、より慎重に経年や走行による消耗、そして240特有のポイントをチェックし、念入りに整備してお届けしなければと考えています。 

車は当社展示場にありますので、ぜひご試乗にお越しください。

メーカー
ボルボ
車名
240 セダン
グレード
タック
車体の色
ダークグリーンメタリック #412
走行距離
212,600km
車の内容
ディーラー車
排気量
2310cc
ミッション
FAT
車検
検査受渡
年式
1993
初年度登録
1993/8
車両価格
1,100,000円(税込)
  • フル装備
  • スペアタイア
  • ジャッキ
  • 工具
  • エアバッグ
  • ABS
  • エアコン
  • パワーウィンドウ
  • パワステ
  • カーステレオ
  • アルミホイール
  • キーレス
  • 記録・説明書
エンジンオイル・オイルフィルター・エアクリーナーエレメント・ベルト類・ブレーキパッド(前後)・バッテリー・スパークプラグ・クーラント・サーモスタット・ワイパーブレードゴム等のパーツは、すべて新品と交換して納車いたします。
(タイミングベルトは、交換記録のない場合、また交換後2万kmもしきは2年以上経過している場合、すべて交換いたします。)

お見積り計算

list

    • maintenance納品前整備

      購入時に気になる納品前整備。安心・安全なカーライフの為、誠意をもって整備しています。

      read more

    • read more

    • guarantee保証

      吉見自動車では、すべてのクルマに100日間、走行距離の制限なしで保証をつけています。

      read more

    • read more

    • order systemオーダーシステム

      ほしいクルマが見つからない時は、YOSHIMI AUTOのオーダーシステムを是非お試しください。プロの眼でお探しします。

      read more

    • read more